日焼け止めは肌への負担を考えたケアが必要

日焼け止めは肌への負担を考えたケアが必要

 




 
 
 

敏感肌や赤ちゃん用

敏感肌の人でも紫外線対策をしている人は、正しい日焼け止めを選びましょう。化粧品メーカーから販売されている日焼け止めのなかには肌の刺激が少ないものがあります。敏感肌の人は肌の刺激が少ないものを利用すれば肌荒れの対策となります。また、紫外線を吸収する成分が含まれている日焼け止めよりも紫外線を散乱する成分が含まれている日焼け止めを選べば、日焼け止めの効果による肌のケアを行うことができます。

日焼け止めのクリーム等ではUVカットの効果の強弱の違いはSPFやPAの数値で表されています。これらの数値が高いものほどUVカットの効果がありますが、肌への負担も強くなるためあまり数値の高いものを選ばないようにしましょう。できれば日焼け止めのクリーム以外にも日傘やUVカットの帽子を併用して利用しましょう。また、肌荒れの影響のある成分が含まれている肌に刺激の強いアイテムを利用しないようにすることも肌荒れケアの対策となります。  

日焼け止めのクリームなどは、敏感肌の人が利用できるようになっているもの以外にも赤ちゃんが利用できるアイテムがあります。肌のケアができるタイプで刺激の低いものになりますが赤ちゃんでも使用できる物であれば乾燥肌や敏感肌の人でも十分利用できるものです。そして必ずスキンケア対策を併用しましょう。


•日焼け止めと肌のケア • SPFとPAの意味 • 日焼け止めの利用頻度
• 敏感肌や赤ちゃん用 • リンク集 • サイトマップ

メインメニュー


 

  • 日焼け止めと肌のケア
  • SPFとPAの意味
  • 日焼け止めの利用頻度
  • 敏感肌や赤ちゃん用
  • リンク集
  • サイトマップ

  •  
      リンク集 | サイトマップ Copyright©2017 日焼け止めは肌への負担を考えたケアが必要 All Rights Reserved.