日焼け止めは肌への負担を考えたケアが必要

日焼け止めは肌への負担を考えたケアが必要

 




 
 
 

SPFとPAの意味

紫外線の対策で日焼け止めを利用するときにはSPFとPAの数値に着目して選ぶことになります。この両方の数値の意味を理解していないと日焼け止めによる肌のケアが必要となってしまいます。  

SPFは、サンプロテクションファクターの意味で紫外線の種類でUVBをカットする指標となります。この数値は、日焼け止めを塗った部分と塗らなかった部分の皮膚で赤く現れる時間がどれくらい異なるかを測定した数値となります。そのためこの数値の違いは、紫外線に対する保護力の強さを表しているものではなくこの日焼け止めの効果が何時間有効かを示している数値となります。このSPFの数値が低い日焼け止めであっても頻繁に利用すれば数値の高いものと同じ効果を得られることになります。   

PAは、肌が黒くなってしまう紫外線のUVAカットを表す指数となります。UVAに対する防御の効果を数値化したものです。この数値はSPFと同じように力の強さではなく肌を黒くするUVAを何時間防御できるかを表している数値です。

これらの日焼け止めを利用することで紫外線対策が可能ですが、日焼け止めを利用した後は肌荒れケアを必ず行いましょう。シミやそばかすそして老化の原因になるため必ず行わなければいけない対策です。


•日焼け止めと肌のケア • SPFとPAの意味 • 日焼け止めの利用頻度
• 敏感肌や赤ちゃん用 • リンク集 • サイトマップ

メインメニュー


 

  • 日焼け止めと肌のケア
  • SPFとPAの意味
  • 日焼け止めの利用頻度
  • 敏感肌や赤ちゃん用
  • リンク集
  • サイトマップ

  •  
      リンク集 | サイトマップ Copyright©2017 日焼け止めは肌への負担を考えたケアが必要 All Rights Reserved.